まずはFXをする上でのルールを決める

本格的にFXに取り組む前には、まずは自分なりのルールを決めるようにしましょう。

どうしても投資というのは、感情が入り込んでしまいやすく、つい無茶な取引をしたり、負けを取り戻そうとしてしまいがちです。



そういったことにならないためにも、しっかりと事前にルールを決めておかないといけないのです。


例えば、FXでは取引の上限はありませんし、その気になればいくらでも取引することができます。
しかし、だからと言って闇雲に取引をしても、損失になるリスクを高めるだけなので、必ず自分で取引の上限を決めておくようにしましょう。

また、FXは常に勝てるものではありませんし、損をしてしまうこともあるわけですから、損切りのルールも決めておかなければいけません。いくらマイナスになったら損切りをするのか、明確な基準を決めておくことで損失を最小限に抑えられるのです。



逆に、利益確定の目安や基準も決めておく必要があります。
せっかくプラスになったのに、さらに上を目指してしまったことで、一気にチャートが下がって利益が少なくなったり、むしろ損失になってしまうこともあるのです。



もちろん、細かいルールなどは状況によって臨機応変に対応すべきですが、少なくとも大まかなルールは必ず守るようにしましょう。
そうでないと、すぐに資金が底を尽きてしまいますし、それどころか借金をしてまでFXをやりかねませんから、感情をしっかりコントロールしないといけません。