FXで相場を読む時には

FXは様々なテクニカル分析をすることが通常となっていて、移動平均線はとても人気があります。

移動平均線は相場のトレンドを読むために作られたものといえて、過去の一定期間の終値の平均をグラフにしたものとなっています。

25日移動平均線などは、過去25日間の終値の平均を知ることができて、相場の傾向を知る手段としてとても人気があります。

FXで利益を得るには、タイミング良く相場に入る必要があります。移動平均線の傾きが上向きの時には、買いから入ることが人気となっています。移動平均線の傾きが右肩上がりなら、相場は上昇傾向だと判断することができます。

逆に右肩下がりなら相場は下落方向だと判断することができます。

FXで移動平均線を参考にして取引する時は、短期の移動平均線と長期の移動平均線の関係を知ることも大切です。


短期の移動平均線である5日移動平均線と長期の移動平均線である25日移動平均線との関係を知ることは、とても重要になっています。



短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上に突き抜けると、相場は上昇すると考えることもできます。
こうしたタイミングをゴールデンクロスと呼ぶこともあります。



逆に上から下に突き抜けると、下落すると考えることもできます。

こうしたタイミングをデッドクロスと呼ぶこともあります。
相場の流れを推測する方法はたくさんあります。



自分独自のテクニカル指標を作ることも人気があり、様々な人が実践しています。